Tibor:ティボー

tibor_img01

夢のターゲットであるターポンを釣るために、
米国フロリダで誕生したフライリール

ティボーリールは、米国で誕生したソルトウォーターフライフィッシングに最適なフライリールです。職人気質の釣り人であるティボーの創設者テッド・ジュラクシック氏は、1970年に運命的な出会いをします。それはビリーペイト氏との出会いでした。当時ソルトウオーターフライフィシングの新たな本場フロリダ・キーズに釣行したテッド・ジュラクシック氏は、ビリーペイト氏の要望にこたえて6年の歳月を費やし、ついに完成度の大変高いソルトウオーター・アンチリバースモデル・フライリールを創り上げます。それがいまも名品中の名品として名高い、ティボーの「ビリーペイトリール」でした。そして1995年、当時としては非常に画期的だったラージアーバーリール「ティボーリール」を世に送り出しました。それまでの常識を覆す素晴らしいドラグ性能と軽さと巻き取りの速さ。それはスーパーモデルの登場といってもいいでしょう。2005年、性能はそのままにスプールの着脱を簡単に安全に行える全く新しいシステムの「クイックチェンジャー」を開発。そして2012年、クイックチェンジャーシステムを搭載し、心臓部であるドラグを完全シールドという、さらなる劇的な進化を遂げた「シグネチャー」が登場。今後、ティボーの次世代を担っていくでしょう。

この商品についてもっと詳しく!ご紹介ページ

 

ブランドの特長

ダイレクトドライブとアンチリバース

ダイレクトドライブとアンチリバース

現在、新進気鋭のリールメーカー各社はダイレクトドライブモデルのみのラインナップとなっています。しかし、ティボー社は設立以来変わらず、ダイレクトドライブモデルとアンチリバースモデルをラインナップに掲げています。これは釣り師である創設者テッドジュラシックが常にユーザーの視点に立った考えだからと言えるでしょう。マーリンやツナの強烈な走りにダイレクトドライブモデルのハンドルノブは時として凶器になりえますし、頭が朦朧としてくるような炎天下でのロングファイト時、アンチリバースモデルはハンドルは回せど、1cmもラインが回収出来ていないなんて事もありうるのです。一瞬のミスも許されない状況ではアンチリバースモデルが優位ですし、一瞬の隙すら与えたく無い場合は断然ダイレクトドライブモデルが有利です。「ビリーペイト」シリーズがアンチリバースモデル、「ティボー」「クイックチェンジャー」「シグネチャー」シリーズがダイレクトドライブモデルとなります。

bt_webshop

ダブルストッパーと正転逆転クリック音

ダブルストッパーと正転逆転クリック音

ティボー社の全てのリールはダブルストッパーが装備され、正転時、逆転時にクリック音が鳴るように設計されています。リール性能の主役と言うべき、ドラグ性能や剛性の素晴らしさはティボー社が獲得したIGFA世界記録を見ればだれもが納得されるでしょう。しかし、脇役とも言うべき、ダブルストッパーや、正転逆転クリック音もこれらの記録に重要な役割を果たしているのです。ワンストッパーのリールでは、ターゲットの強烈な走りでストッパーが飛び、一瞬でバックラッシュしラインブレイク…などは実際にある話です。音も重要です。巻き取りのスピード、魚の走りの速さを「音」を通して、客観的に捉えることができるのです。
それに、加速していく逆転音を聞いて、嫌な気分になるアングラーはいないでしょう。「音」はアドレナリンを体中に充填する役割も果たすのです。
音に対する小さくも重要なこだわりや外部からでは判断出来ない細かい気遣い、これらの集大成は、ティボー社が作り上げるリールすべてに反映されているのです。

bt_webshop

ティボーリール使用例

tibor_img04

Tibor Signature 9/10
ベリーズ/パーミット

tibor_img05.jpg

Tibor Riptide
モンゴル/タイメン

tibor_img06.jpg

Tibor QC GulfStream
コスタリカ/ターポン

tibor_img07.jpg

Billy Pate Marlin
コスタリカ/セイルフィッシュ

tibor_img08.jpg

Billy Pate Bonefish
東京ベイ/シーバス

tibor_img09.jpg

Tibor Riptide
メキシコ/パーミット

このページのトップへ